« 9月の読書会で紹介された本 | トップページ | 『ドリルを売るには穴を売れ』佐藤 義典 »

2011年10月 5日 (水)

「竜兵会」それはサラリーマン社会の縮図である!!

 2011/9/22() 荒井 久仁松 発表

『僕たちいわばサラリーマンです。 竜兵会 出世術のすべてがここに』

 

◆背景

 「竜兵会」それはサラリーマン社会の縮図である!!

ダチョウ倶楽部の上島竜兵率いる「竜兵会」は、連日酒を飲みまくる太田プロの芸人派閥のようなもの。そんな「竜兵会」をサラリーマン社会にみたて、「竜兵会」メンバーのポジション別仕事術が学べる1冊であり、上島竜兵が後輩にどう思われているかがよく理解できる1冊でもある。興味がないと楽しめない本かと思いきや、興味がなかった人が楽しめる内容になっている。その点は流石芸人の著書である。上島竜兵の声が脳内で再生されれば、すぐにでも上島ワールドに突入。クルリンパ!!

 

◆目次

 第1章 広報部長 土田晃之に学ぶ ナンバー2の美学

2  新入社員 インスタントジョンソン・すぎに学ぶ 下っ端として生きる方法

3章 リストラ候補 デンジャラス・ノッチに学ぶ リストラされない方法

4章 チンピラ社員 有吉弘行に学ぶ 上司の転がし方

5章 総務部長 デンジャラス・安田和博に学ぶ 組織を冷静に見る方法

6章 独立成功のヤリ手 劇団ひとりに学ぶ 組織に頼らない「ひとり力」

 第7章 庶務担当課長 ヤマザキモータースに学ぶ 組織との上手な付き合い方

 第8章 副社長 ダチョウ倶楽部・肥後克広に学ぶ 「なんくるないさ~」的処世術

 第9章 社長 ダチョウ倶楽部・上島竜兵に学ぶ 組織のトップに必要な本当の資質

 

◆感想

 第1章の土田晃之は広報部長なだけあり、話の入りから締めまでの流れがとてもスムーズで、1章だけで竜兵会の繋がり、上島竜兵の魅力がとても伝わってくる。読んでいるこちらがニヤニヤしてしまう内容であった。毒舌で有名な第4章、有吉弘行は我が目を疑う程の腹黒さであった。計算され尽くした人心掌握術で、自分のポジションを確保し、人を出し抜く。逆にあそこまで酷い話を本書にかけたのは、上島竜兵に対する有吉なりの愛情だったのではないかとさえ思える。第9章、上島竜兵の章では本人の口から己のスタンスが語られている。しかし第9章以外からの方が、より濃密な話が語られているので、上島竜兵を知る上ではあまり刺激的ではない。本人の刺激的な話は、「これが俺の芸風だ!!」で紹介したいと思う。

« 9月の読書会で紹介された本 | トップページ | 『ドリルを売るには穴を売れ』佐藤 義典 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1308341/42300434

この記事へのトラックバック一覧です: 「竜兵会」それはサラリーマン社会の縮図である!!:

« 9月の読書会で紹介された本 | トップページ | 『ドリルを売るには穴を売れ』佐藤 義典 »