« シビックプライド―都市のコミュニケーションをデザインする | トップページ | 本まっち柏にて、ブックトークカフェ開催 »

2012年11月 8日 (木)

ルポ 子どもの貧困連鎖 教育現場のSOSを追って

読書会2012.11.8 山田浩司 〈弱さ〉を超えて 第10回


著者 保坂渉、池谷孝司 編著
著者 夾竹桃ジン(漫画)、水野光博(シナリオ)、小宮純一(取材・企画協力)



駅前のトイレで寝泊まりする女子高生、車上生活を強いられる保育園児、朝食を求めて保健室に行列する小学生…大人たちからハンディを背負わされた子どもに今、何が起きているのか。

教育問題、特に「弱さ」というキーワードで、様々な本を取り上げている山田さんが上記2点をご紹介くださいました。
内容のご紹介の後、話は多岐に渡り、ティーチ・フォー・アメリカ の話がでたり、
貧困も自己責任なのか? などの、現代の風潮に関する疑問も。
ほかに、

意欲・モチベーションをいかに評価するか? (貧困児童が意欲を持つことは難しい)
放送大学はやばくないか? (コンテンツの提供方法、内容に魅力がない?)


などが話題にでました。(報告・ところ)

« シビックプライド―都市のコミュニケーションをデザインする | トップページ | 本まっち柏にて、ブックトークカフェ開催 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1308341/47764194

この記事へのトラックバック一覧です: ルポ 子どもの貧困連鎖 教育現場のSOSを追って:

« シビックプライド―都市のコミュニケーションをデザインする | トップページ | 本まっち柏にて、ブックトークカフェ開催 »