« 「ふたつの講演 戦後思想の射程について」(加藤典洋著・岩波書店) | トップページ | 「月3万円ビジネス」「昭和のはじめ タイムトリップ地図帖」 »

2013年4月 4日 (木)

「図書館の主」「ビブリア古書堂の事件手帖」「みんなの寅さん」

今日の朝活-読書会では、3冊の本が紹介されました。

Yさんが紹介したのが、コミックスの「図書館の主」と、最近テレビドラマ化されて注目度もアップの「ビブリア古書堂の事件手帖」の2冊。
少し前から、図書館や古本などをテーマにした物語がじわじわと人気を得ているのではないか、と話題になりました。そう言えば、「図書館戦争」でしたか? 映画もあったなぁ。
もう一冊は、「みんなの寅さん 《男はつらいよ》の世界」という本。国民的映画だった「男はつらいよ」を監督の山田洋次、主演の渥美清、映画会社の伝統、社会分析などの様々な視点で読み解く本です。
以上、報告は所英明でした。
Photo_4

« 「ふたつの講演 戦後思想の射程について」(加藤典洋著・岩波書店) | トップページ | 「月3万円ビジネス」「昭和のはじめ タイムトリップ地図帖」 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1308341/51093881

この記事へのトラックバック一覧です: 「図書館の主」「ビブリア古書堂の事件手帖」「みんなの寅さん」:

« 「ふたつの講演 戦後思想の射程について」(加藤典洋著・岩波書店) | トップページ | 「月3万円ビジネス」「昭和のはじめ タイムトリップ地図帖」 »